スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新婚旅行6日目(ポンペイ→ナポリ→カプリ島)

2006.12.19 *Tue
2006年7月16日(日) イタリア6日目

毎日毎日、40度近い炎天下・・・・かなりフラフラ
なんですけどぉ~。
今日の観光は、ポンペイの遺跡。遺跡=屋根なんぞない=暑い!
というわけで、アイスばっかり食べてる1日でした。ぉぃ。

バスで3時間半ほど移動。途中、運よく写真が撮れたので・・
これが、日本で言う「ETC」です。
イタリアでは、テレパスと言うようです。仕組みを考えた
のは日本が最初のようですが、日本は色々あって導入が遅くなり
一番最初に導入したのが、ここイタリアのようです(添乗員さん
が教えて下さいました~)。

SAKURAが3月までやっていた仕事がこのETCだったので
ついつい敏感に反応(笑)
そーだったのかぁ~と一人うなずいちょりました。





長い移動だったので、途中のサービスエリア(?)で休憩。
結婚式にむけてこのプルンプルンの二の腕が気になっては
いたんだけど、結局何の対処もせずウエディングドレスを
着て・・・・式が終わった今、コワイものなんてないわ~

ちゅうことで、アイスをバリバリ。これ、かなり大きい
アイスだったんだけど、暑かったので、ペロリとたいらげ
ました。 アイスの名前も「マグナム」ってすごいんですけどね(笑)




世界遺産、ポンペイの遺跡に到着。バスを降りて歩く。
イタリアに来て思ったのですが・・・・中心街以外はあまり
信号が無いのです。なので・・・出たもん勝ち!みたいな(笑)
団体で、えぃって道路に出たら車が止まってくれます。
最初は怖かったんですけど、6日目になったら慣れたぞ





やったら人が多かったです・・・・・

79年、ヴェスヴィオ火山の大噴火により、一瞬にして火山灰に
覆われてしまった古代都市。1748年に発掘が開始され、
1700年間封印されていた都市の姿を鮮明によみがえらせた。
商業都市として栄えていた当時の町の様子を物語る遺跡群は訪れる
人々を魅了し、古代都市へのロマンと歴史を感じさせてくれる
(パンフレットより)





↓パンを作る粉を作っていたもの。牛がゴリゴリとまわして
 いたそうです。大きいもん、人じゃ回せないよね・・・。




粉から、パンを作りこの釜で焼いたんですって。
今は、ピザを焼く時に使われているアレです。




道を進んでいくと・・・ここが、居酒屋。仕事帰りに
食事をしたり飲んだりした所なんだそうです。




で、ここが売春宿だったそうで、↓の写真が各お部屋の上に
書かれている絵なんです。よぉーーーーーーーくみると人が
2人いて、ベットらしきものが書かれています。




こちらが大浴場。大きなくぼみが浴場。ここに来てやっと屋根が
ある遺跡に(笑)





ほんま暑い・・・・。
遺跡を見学し、昼ごはんへ。

ムシムシ暑かったのであまり欲しくなかったのですが・・・・
いきなり出てきたのが、はんぺんみたいなモノに挟まっている
トマトと野菜たち。チーズなんかな?といいながら食べましたが
私にはあまり美味しいとは思えなかった




あまり欲しくないモードは続いてたのですが、次に出てきた
巨大ピザをみて、いらないモード倍増(^^;




でかいし、厚みが結構あるので半分も食べれませんでした。
まわりを残して真ん中だけ食べる人、半分残す人それぞれ
パターンはあったのですが、横にいるオットを見ると
むしゃむしゃ食べお皿には何もないじゃありませんか!
おそるべしオットの胃袋。


その後に出てきたアイスはペロリといただきました
甘いものは別腹だよね。


お昼ごはんを食べバスで移動すること1時間。
ナポリへ到着。

世界三大美港のひとつとしてたたえられている南イタリア
最大の港町。さんさんと降り注ぐ太陽と海。雄大なヴェスヴィオ
火山がバックに広がる美しいこの地からは「ナポリを見ずして
死ぬべからず」という名言が生まれたほど。また新鮮な海の幸も
見逃せない
(パンフレットより)


そう、さんさんと太陽がふりそそいでるんです・・・・


マジで・・・・・あつい!!
焼け死ぬくらい暑く、バスから降りること5分。みんな耐え
きれなくて写真のみ撮り移動となりました。
景色は綺麗なんだけどねーーーー。
その時撮った風景です。







その後ジェット船にのりカプリ島へ。
ここはオットが一番楽しみにしていた青の洞窟が♪
明日がその観光なので、今日は移動してカプリの夜を楽しむ
ことになっている。SAKURAはよくわかっていなかった
のだが、酔う船に乗ることだけが憂鬱で・・船にのったら
速攻で撃沈しました。あーやだ。




50分ほどしたら、カプリ島へ到着。
船をおりた瞬間からリゾートちっくな感じがプンプンする
あたし、ここ好きかも♪って気分が悪かったのもそっちのけで
気にいっちゃいました。
ホテルはゴンドラにのって上まであがった所にあるレジーナ クリ
スティーナ。
ゴンドラを降りたら、こんな綺麗な景色が。




そして少し歩くとホテルに到着。







部屋のキーをもらい説明を受けお部屋に・・・
ドアをあけた瞬間、オットと2人興奮!写真とるわー
色んな所触るわーの大騒ぎでした(^^;
向かいのお部屋のおばちゃんも、一人でキャーキャー言うと
られたので、みんな印象が良かったんだろうね♪

床がタイル貼りで可愛いお部屋でした。







イタリアの初日からスリやジプシーに気をつけてくださいと
言われ続けていたのですが、ここカプリ島に来て「みなさん
ここは安心ですので、夜の外出もOKですよ、お買い物を
お楽しみください」といわれ、みんな夕食もそこそこに飛び
出してってました(笑)

21時頃でも明るいでしょーーー。
まずはジェラードでしょぉ~ってことで、美味しいと有名な
お店を教えてもらい、一つずつ購入♪




ブランドもあり、絵葉書や置物、アクセサリーのお店。後は
リキュールやお菓子などを売ってるお店、沢山あって楽しかった
です!
グッチのお店も広くて、品揃えも良かったよ~。添乗員さんが
お店の位置がわかりにくいのでお教えしますね♪と言った言葉に
女性がすばやく反応(笑)
みんなしっかりダンナ様と一緒に行って買ってもらってました。
そういうSAKURAもバックを購入。オット、ありがとでした









☆次の予告☆
イタリア7日目は青の洞窟へ♪
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0

COMMENT

not subject
イタリアほんとに満喫したようですね~!
やっぱり何度見てもすてきなところですよ。
青の洞窟の辺りって、治安は比較的よくてほかにもいろいろ回れるところがあるとは聞いてましたけど、SAKURAさんも散策できたようですね♪
青の洞窟レポ楽しみです!
2006/12/21(木) 12:29:49 | URL | ろっひー #v1ICFL3Y [Edit
お返事です
>ろっひーさん
そそ、青の洞窟があるこのカプリ島は治安がいいから夜遅くまで
出歩きました♪
初日のミラノなんて夜歩いてたら空瓶とか飛んできたりしましたから(苦笑)
青の洞窟ね・・・・・・・あ、この続きは7日目レポで。。。
いろいろあったんすよ。
2006/12/21(木) 12:57:09 | URL | SAKURA #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

CalendArchive



プロフィール

SAKURA



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



* はじめまして! *

こんにちは。結婚して仕事人間から専業主婦になったSAKURAです。まだまだ毎日の生活にアタフタしている状態ですが、なんとかやってます(笑)
毎日が贅沢でないくていい、時々リッチに食べたい・買いたい・遊びたいを目標にして頑張ってます♪
めざすはお気楽ぷちセレブ♪気軽に足跡残してくださいね。


関係ないと判断したコメントは削除させていただきます。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



Copyright © Four Seasons(Travel) All Rights Reserved.
Font from あくび印  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。